デリヘルをホテルで利用する時のメリットとデメリットについて

SITEMAP

Delivery Health

デリヘルを自宅に呼ぶのは本当に得?

きれいな女性

デリヘルをホテルに呼ぶのか、自宅に呼ぶのかでメリット・デメリットがあります。
まずホテルに呼ぶメリットは近隣住民の目・耳を気にしなくて良い、プレイ前後の片付け不要、自宅バレの心配不要といったところで、デメリットはホテル代が必要、移動費用や時間が必要といったところでしょうか。自宅に呼ぶメリットとデメリットはおおよそホテルの逆と考えればよいです。こうやって書き出してみると自宅に呼ぶメリットはほぼ費用面の節約のみと考えられます。
しかし、デリヘルを利用する頻度が増えればホテル代もばかにならない出費になってきますのでやはり自宅で節約したくなる気持ちもわかります。では、もう少し掘り下げてデリヘルを自宅に呼ぶことが費用面でメリットになるのかを考えてみましょう。
ホテルであれ自宅であれデリヘルを呼んで行なうプレイ内容に大きな違いはありません。デリヘル嬢を責める、デリヘル嬢に責められる、という流れのが基本形でしょう。では、デリヘル嬢を攻めている最中、デリヘル嬢の感度・体質によっては思いもよらず布団もしくはベッドが水浸しになってしまう事もあるかもしれません。こうなると布団やベッド、もしくはシーツが使い物にならなくなってしまう事も考えられます。当然後片付けは大変ですし、場合によっては布団やシーツを買い替える事もあり得るでしょう。
こういったことは、本当に費用の事を考えるのであれば無視できない要素だと思います。

孤独を埋めるにはホテルでデリヘル

デリヘルをどう楽しんでいくかは人それぞれですが、独身男性ならば絶対にお勧めしたいのが、誕生日を一緒に過ごしてもらうことです。その一日のためにがっつり貯金をしておき、当日は酒や食糧を買い込んで、華やかなホテルに真昼間から缶詰状態で入り、お気に入りのデリヘル嬢に誕生日であることを伝え、お祝いしてもらうのです。
固定で推しているデリヘル嬢にロングコースで入ってもらうのも良いですし、複数のお店から代わる代わる何人も呼び出しては、時間差で祝ってもらうという贅沢な一日にすることもできます。仮に本物の愛と信じた女性と結婚できたとしても、子供が生まれたり歳を重ねれば、自分の存在意義も誕生日も軽視され、祝ってもらえなくなるくらいなら、独身のまま、お金の力で若い女の子に盛大に盛り上げてもらった方が、単純明快な幸せ気分に浸ることができます。
年に一度の誕生日はもちろん、クリスマスなどのイベントの日も含め、町中が幸せ気分に包まれることで、相対的に自分の孤独が深まるような日は、どんな自分であれ絶対に否定しない、喧嘩にならない女性とホテルで夢のひと時を過ごしたところで罰は当たりません。
デリヘルは性的なサービスを売りにした仕事ですが、誰かと一緒にいたい、話したいというだけでも力になってくれますので、恥ずかしがらずに連絡を入れ、心温まる時間にしましょう。

デリヘルを自宅に呼ぶとトラブルになるかも

アパート等の集合住宅でよくある住民同士のトラブルの代表格が騒音トラブルで、特に夜間の騒音に関しては数多くのトラブルを生む原因となっており、最悪の場合どちらかがアパートを出ていかざるを得ないような大きなトラブルに発展しがちです。そういったことから、集合住宅にデリヘルを呼ぶ際はどうしても騒音に気をつけながらプレイをする事になってしまうので、デリヘル嬢共々プレイに身が入らないばかりか妙に神経を使ってしまいフィニッシュに至らないなんて事態も決して大げさではありません。
AVを見る程度ならヘッドホン等で音漏れを防げますが、プレイの音や大人2人がゴソゴソ動いている気配というものはどうしようもありません。集合住宅の住民は得てしてこういう時に壁の向こうで何が行われているのかを察するもので、勘のよい隣人であればその相手が彼女なのかデリヘル嬢なのかも気付かれるかもしれません。なんだか自分の家なのに窮屈な話です。しかし、これが日本の集合住宅の実態なので仕方ありません。
せっかくそれなりの金額を支払ってデリヘルを楽しもうと思っている訳ですから心ゆくまで満喫しないともったいないと思いませんか。それがあと数千円のホテル代を出すだけですべて解決するのです。
デリヘルはホテルに呼んで存分に楽しみつくしましょう。